ICL (眼内コンタクトレンズ)による近視治療ICL

image

ICL(眼内コンタクトレンズ)治療ってなに?

眼内コンタクトレンズ治療は、ICL(Implantable Contact Lens)治療ともよばれています。目になじむ柔らかいレンズ(ICL)を専用の器具を用いて直接目の中にいれ、近視を矯正する治療法です。
ICL治療で使用するレンズは、曇ったり汚れたりしないため、通常のコンタクトレンズのように、日々の交換・メンテナンスは不要です。

image

ICL治療の特徴

ICL治療で使用するレンズは、目に優しく、ソフトコンタクトレンズのように柔らかく、無色透明で生体親和性の高いレンズを使用しています。

image

ホールICLと呼ばれる最新型のレンズを使用します。このレンズは、レンズ中央に小さな孔が開けられており、眼の中の液体(房水)の循環が従来と比べて改善されたレンズです。この改良により、虹彩(茶目の部分)に穴を開ける必要がなくなり、治療の安全性がさらに高まりました。

image

ICLは1997年に欧州で認証され、2005年に米国、日本でも2010年に厚生労働省で承認された、唯一の有水晶体眼内レンズです。
2019年2月の時点で世界で90万眼以上の埋植実績があり、長期的な安全性も確認されています。

ICL治療はレーシックと異なり、角膜を削らない治療のため、角膜の薄い方や、近視の強い方にも対応可能です。角膜を削らないことで、ドライアイになりにくく、ハロー(光のにじみ)やグレア(まぶしさ)の少ない、鮮やかな見え方が期待できます。
必要があれば、レンズを取り出して元の状態に戻すことも可能。
将来白内障などの目の病気になった際に、レンズを取り出すことができるため、治療の選択肢が制限されることはありません。

image

ICL手術について

ICL手術は、もともと白内障手術から派生した治療であり、白内障手術との手技的な類似点がいくつもあります。
このためICL手術は、白内障手術などの眼内手術に精通した眼科医に適した治療法であるといえます。
当院では、白内障、緑内障、網膜硝子体疾患など、眼内手術のエキスパートである院長が、すべてのICL治療を担当いたします。

ICL治療は、日帰り手術となります(入院不要)
両目で約30分程度の治療 目薬の麻酔でおこない、術中の痛みはほとんどありません
傷口が約3ミリと小さいため、術後の回復も早く、縫合や抜糸の必要はありません
術後早期から視力回復が実感でき、1週間程度で見え方が安定してきます

ICL治療の流れ

Step1

適応検査・術前検査:手術前に詳細な検査を行います

手術前に目の状態をしっかりと測定・診断することが、ICL治療を成功に導く、最も重要なポイント。
当院では、国家資格をもつ視能訓練士が、最新の眼科診断機器を用いて、一人一人の目の状態を詳細に検査・測定いたします。
データの正確性や再現性をより高めるため、手術前の検査は基本的に2回に分けて行います。
コンタクトを装用中の方は、検査前に数日間の装用中止が必要となりますので、ご注意ください。

Step2

ICL手術

  • image
    1
    手術前に麻酔の目薬をして、目を消毒。
  • image
    2
    角膜(黒目のふち)を約3ミリ程度切開して、レンズを目の中に挿入。
  • image
    3
    虹彩(茶目の部分)の上にレンズが入った状態から、レンズの端の4カ所を虹彩の下にいれます。
  • image
    4
    レンズが虹彩の下に入ったあと、眼内を十分に洗浄し、手術終了です。
  • image
    5
    術後しばらく安静したあと、診察で目の状態を確認してから帰宅となります。

Step3

術後定期検査:点眼薬の使用や術後診察を行います

術後診察は通常、手術翌日、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後、その後は1年毎を推奨。
術後1年間までの定期診察や術後点眼の費用は、治療費に含まれます。

ICL治療の際の注意点

21歳から45歳までの方が対象となります。
本治療は自由診療となり、公的医療保険は対象外 ICL治療費は医療費控除の対象。(詳しくはこちら)
目の状態や全身疾患などにより、ICL治療を受けられない場合があります。
術後経過観察中に他の眼疾患が生じて、検査や治療の必要性が生じた場合は、保険診療での対応となります。
正確な検査のため、検査前に一定期間のコンタクト装用中止が必要です(中止期間につきましては、お電話でお問い合わせください)

Q&A

治療を受ける制限はありますか?
目の形や病気、全身疾患などによって治療の対象とならない場合があります。事前に詳しい検査を行い、目の形、状態、生活習慣などを総合的に検討して治療が可能かを専門の医師が診断いたします。また正確な検査のためにコンタクトレンズ(特にハードレンズ)は一定の期間装用を中止していただく必要があります。妊娠中、授乳中は視力が不安定になることがあり、近視矯正手術はできません。
手術は痛いですか?
目薬タイプの点眼麻酔をしますので痛みはほとんどありません。
眼内コンタクトレンズを入れていることは他人に気が付かれますか?
虹彩の後ろに挿入するので、外からは見えません。
「ハロー」・「グレア」とはなんですか?
暗いところで明るいライトなどを見た時に光の周りににじんだ輪が見える現象をハロー(光輪症)といい、ギラギラと光ってとても眩しい症状をグレアといいます。症状の度合いや期間には個人差がありますが、治療後数ヶ月で自然と気にならなくなることが一般的です。
費用は公的医療保険の対象ですか?
公的医療保険の対象ではありません。ご自身で加入している民間保険の給付については、「有水晶体眼内レンズ挿入術」が対象かどうか、加入保険会社へお問い合わせ下さい。
老眼も治りますか?
40歳頃から加齢に伴う調節力の衰えにより「手元が見にくい」と言った老眼の症状が出始めます。 老眼は遠近のピントを合わせる能力が衰える症状です。ICL治療は近視や乱視など屈折の矯正を行いますが、老眼の治療ではありません。老眼により手元が見にくい場合は近用眼鏡(老眼鏡)等を適宜使用して下さい。
image

ICLの費用

ICL治療は自由診療となり、公的保険の対象外となります。

基本料金
両眼:税抜き60万(税込66万) 乱視あり:税抜き70万(税込77万)

上記料金は、術前検査費用、術後1年間の診察代、点眼費用代を含みます

ICL治療開始キャンペーン第2弾!(期間限定)
両眼:税抜き57万(税込62.7万) 乱視あり:66万(税込72.6万)

ご好評につき、ICL治療開始キャンペーン(第1弾)は終了致しました。
※レンズ代金は、術前検査時に前払いとなります。
適応検査は事前予約制となりますので、ICL治療にご興味のある方は、当院までお気軽にご連絡ください(Tel:0268-21-0606)。
※初診時は保険証をお持ちください。